小児喘息持ちで、7-8年のステロイド吸入の過去がある夫。

おとなになってからも、低気圧が来ると空咳をよくしていました。

そしてあるとき、首に出来た虫刺されのような湿疹が、あっという間に広がり炎症を繰り返し、早10年近く。

ものすーっごく綺麗な皮膚になってきた!

…のを昨夜発見し、興奮気味なので、深呼吸しながらこの記事を書いています。

最後に写真を載せますが、見る人によっては決して気持ちの良い見た目ではないのでご注意くださいませ。

 

首の真ん中と左右に広がった湿疹が、発赤したり、爬虫類の皮膚のように厚く盛り上がりガサガサしたりの変化を間近で見ていた私に、身体は治ることを確信させてくれました。

もちろんここまで来るのには、この10年近く彼がものすごく頑張ったことがあります。

 

それは、何もしないということ。

 

これって凄いことだなと思います。

どんなに痒くても、乾燥して皮膚が割れて痛くてイライラしても、人から「首どうしたの?」と毎度聞かれても…。

乙女座らしい?意思の強さ(もとい頑固さ!)を発揮し、ステロイドは塗らない、薬も飲まない、なんなら自然療法も取り入れない。あまりにも乾燥がひどくて皮膚がめくれてしまう時に、ココナッツオイルで保湿をさせてくれたくらいで、それさえもベタベタして嫌だと気分が乗ったときだけ。

『この湿疹はあなたの身体にあるいらないものの排出なんだよ』という私の言葉を信じて、自分なりの選択をしました。

 

そしてこの排出が始まってしばらくしてから、彼の空咳は出なくてなったの。

まさに『出口はひとつ』!!

 

◇  ↓ 2年前、これでもかなり炎症が治まってきた頃

 

◇  ↓そして現在。右側はまだ湿疹が残っていますが、真ん中と左側はつるつる綺麗に!