私は自宅で資料を読み込んだり作ったりすることがとっても苦手で、もっぱら外のカフェで仕事することが多いのです。いまもカフェにいますし。

 

そしてそれは、主婦として自宅にいると家の雑事が気になってしまい、家事と並行して行うと全く集中出来ないから。…と思っていたのですが、どうやら部屋が散らかっているためそちらに気を取られていることも大きいと思い始めました。

いや、なんとなく気が付いてはいたけれど、そこに手を入れると大変なことになるだろうなぁという予感があり、見て見ぬふりをしていました。

いわゆる断捨離はとても得意で、子どもの頃から、物を大切にする祖母に『まだ使えるのに勿体ない!』と毎度叱られるほどの捨てっぷり(笑)

なので断捨離が流行ったときには、私はもう出来てるし関係ないわと思っていました。

しかし、物は減れど一時的なスッキリはあるけれど、部屋の快適さが増したかというとそこは微妙です。

という生活をずーっと続けていたのですが、ふと以前行ったことのある、整理収納アドバイザーの方の自宅セミナーを思い出して、ここ2日その方のブログを読み漁り、整理熱がぐんぐん上がっています。

ここで『整理』という言葉を辞書で引いてみると、

1. 乱れた状態にあるものをかたづけて、秩序を整えること

2. 不必要なものを取り除くこと

とあります。

もうね、びっくりしたんだけど、まさに健康や美容と同じだよねってこと。

私は何かカラダに不調があれば、腎臓や肝臓などのデトックス臓器が正常に元気に働いてくれるように、そこを整えるお手当をして、(1)

カラダに負担をかけるようなものを食べないようにしたり、心が乱れるような影響を受けることからは意図的に離れるようします。(2)

ほらね!同じでしょう。

世の中の様々なものは同じ法則で成り立っているのかも知れないなぁ。

より快適な自宅生活のため、整理収納のプロの力を借りるのか、学んで出来るようにするのか、やってみようと思います。

いま迷っているのはこの2つ!

 

整理収納アドバイザー資格講座を開催している『ハウスキーピング協会』

 

子どもとの片づけには、片づけやすい仕組みづくりだけでなく、コミュニケーションもとても重要とうたう『親・子の片付け教育研究所』

 

いままでは心と体のことにしか目が向いていませんでしたが、私の場所である自宅をもっと快適に整えることにも力を入れて行きたいです。